小規模オフィスのレイアウト

1人から数名を想定した小規模オフィスを運営しようと思う時、賃料や立地条件などを検討する必要があります。さらには、オフィス内のレイアウトも重要で、事業内容や人の動き、その目的や機能などに応じた配慮が求められます。

最低限の必要事項を明確にする

小規模オフィスでは、フロアー面積に限りがあります。先ずは想定される従業員の人数を決めることから始めましょう。集団で同じデスクを使うことも不可能ではありませんが、一般的には個々にデスクを使用することになり、さらに個人の荷物や業務上の書類などを収納するスペースも必要です。またデスクや収納スペースの広さだけでなく、実際に使う時をイメージして椅子の出っ張り具合や引き出しや扉を開けることにも注意します。
オフィスのレイアウトを考える上では、これらの事前確認が重要で、とくに初めて検討する場合には色々と盛り込み過ぎて、まとまらなくなってしまうことがあります。
最低限、必要となるスペースを確認しておくことでレイアウトが決めやすくなります。

見落としがちな打ち合わせスペース

小規模オフィスのレイアウトで見落としがちなのが、打ち合わせスペースです。中規模以上のオフィスなら応接室などを備えたり、フリースペースとして従業員同士の会議等にも使うなど利便性があります。
しかし面積に余裕がないことが多い小規模オフィスでは、従業員のデスク等もあり、新たに打ち合わせスペースを確保することが困難だったりします。もっともオフィスがある建物に共同スペースが備えられていたり、近くに打ち合わせスペースとして使えるコーヒーショップなどがあれば省くことも可能ですが、業務上も有効なスペースだけにレイアウトを考える上でも備えるのか省くのか決めておくことが重要です。
とくに取引先や外部のスタッフなどの場合に、奥まった場所に案内するのも気兼ねしてしまいます。

女性にも配慮があるオフィスレイアウト

数名の従業員が働く小規模オフィスでは、男性も女性も一緒になることが一般的です。そこで気になるのが、オフィス内に共同のトイレがある場合です。扉があっても、音漏れが気になるので、女性にとっては少し配慮が欲しいところです。またオフィス内では制服を着るような場合には、着替えを行えるなどの一角も検討して欲しいでしょう。
レイアウトを考える時には、どうしてもプライベートの確保が後回しになってしまいます。効率的な動線を考えるだけでなく、他人からの視線を外してもられる場所を確保することも小規模オフィスでは重要なポイントです。
女性の場合には、着替えや化粧等でも男性目線が気になるので、レイアウトにちょっとしたスペースが確保できれば、働きやすいオフィスレイアウトにつながります。