動線を考えることが大切なオフィスレイアウト

新設や移転によって新たにオフィスのレイアウトを考えるときには動線の考慮が重要な要素になります。従業員の動きをよく理解した上で設計しておくことで作業効率も高くて使い勝手の良い形に仕上げることができるでしょう。

仕事の効率化に欠かせない動線の考慮

オフィスのレイアウトを決めるときには使用する人を個々に考えて動線を考慮した設計を行うことが重要になります。仕事をしているときにオフィス内を動くことは必ずあり、その負担をいかに減らして時間や労力をなくすかは仕事の効率にも大きな影響を及ぼすでしょう。動線を考慮するときには二つの視点を持って考える必要があります。一つは部屋の中の机や機器などのレイアウトであり、もう一つは部屋と廊下の配置です。この二つを最適化するように設計することができると誰もが使い勝手の良い形に仕上げることができます。従業員のそれぞれの役割と仕事内容をよく考慮して、全員が最適な動きをできるように熟慮してオフィスレイアウトを決めましょう。

仕事内容を考えて決める部屋の中のレイアウト

部屋の中のレイアウトを考えるときには個々の従業員が日常的にどのような仕事をしているのかを詳細に把握する必要があります。部屋に入ってきたらほとんど動くことなくデスクにいるという人の場合には動線をあまり考える必要はありません。しかし、コピーを頻繁に取る人の場合にはコピー機への動線を考えて短くする必要があり、部屋の出入りが多い人はドアの近くにデスクを配置することが望ましいでしょう。仕事内容に応じて互いにコミュニケーションを取りやすいように隣同士にデスクを並べた方が良い場合もありますが、個人で作業をする上では対面の方が効率が上がりやすい可能性もあります。従業員のそれぞれの役割を見極めるとオフィスレイアウトは自然に決まってくるでしょう。

部屋と廊下の配置では部署の関連性が重要

複数の部屋を廊下を挟んでオフィスにするというときには互いの位置関係が重要になります。それぞれの部屋に異なる部署を置くというのが通常を行われるレイアウトですが、関連性の深い部署は近くに置くと考えられがちです。確かにそれは正しいのですが、動線を考えると少し考え方が異なります。関連性が深くても人が行き来しないのであれば遠くでも構いません。従業員の行き来が多い部屋を互いに近くしておくのが効率を上げるために重要なのです。メールでやり取りができるから人の移動は必要ないという場合には遠くて問題はありません。また、近くても階段を挟むと距離が大幅に遠く感じられてしまいがちであり、行き来があるときには同じ階に部屋を定めるのが基本になります。