デスクの並び方だけでも変わる仕事の効率

オフィスのレイアウトを変更すると仕事の効率には大きな影響があります。ただデスクの並び方を変えてみるだけでも大幅な変化がもたらされる可能性があるので、職場の改革を行う方法として実践してみると良いでしょう。

日本のオフィスでよく採用される島型

日本のオフィスレイアウトとして最も古くから多くの職場で採用されているのが島型です。類似した仕事をするグループごとに机を対向式に並べて島を作っていくというのが基本と言えます。互いに向き合っている状況があるのでコミュニケーションが取りやすいのがメリットであり、機能別に島を作ることで仕事を一箇所に固定しやすく、オフィス全体としてどこで何が行われているかが目にみえてわかるようになるのが特徴です。特にグループで互いに情報をやり取りしながらさ行をするというときに優れている方法なので、機能による分類という形だけにとらわれずに活用すると良いでしょう。プロジェクトごとに固めるのも良い方法であり、互いに連携する必要がある集団のグループ化を行うという考え方が重要になります。

島型のデメリットを解決する二つの方法

島型のオフィスレイアウトはグループ作業には向いていますが、個人作業では他人の動きが目に入ってしまって集中力を低下させる原因になります。個人での作業を効率化させるために役立つのがスクール式のデスク配置であり、全員のデスクを同じ方向に向けてしまうことで個々のスペースを確保することが可能です。全体に対面するようにして管理職のデスクを用意することにより、個人の作業管理にも適しているのがスクール式の特徴でしょう。しかし、スペースの無駄が生じやすいというデメリットもあります。管理のしやすさを犠牲にすることにはなりますが、左右対向式のレイアウトにすると個人作業を効率化しながらスペース確保もできるようになるでしょう。

バランスを取れるデスク配置

個人作業とグループ作業のバランスをとるのに適したデスク配置も様々なものがあります。オフィスレイアウトとして比較的よく用いられるようになってきたのが背面対向式であり、全員のデスクを全て壁向きに作るのが特徴です。作業を行う限りは個人のスペースを確保することができますが、互いの後ろにある広いスペースはコミュニケーションの場として利用できるでしょう。後ろを向いて呼びかけることで他の人とのコミュニケーションもスムーズに行えます。また、これに島型を組み合わせることで一つのオフィス内にグループ作業の場所と個人作業の場所を同時に生み出しつつ、スペースを有効活用できるようにするレイアウトもうまく両者のバランスを取るのに適しているでしょう。