オフィスレイアウトを工夫して得られるメリット

業務効率は、オフィスレイアウトによって大きく変わってきます。社員のチームワークやモチベーションも、これによって左右されることが多いです。より業務効率のいいオフィスにするためにはどのような工夫をすればいいのか、具体的に知ることが重要ですね。

動線を意識すると無駄が減らせる

オフィスレイアウトでまず重要になることは、動線です。人の動きをシミュレートして、完全に無駄が出ないようにしておかなければ意味がありません。出入りの激しい社員のデスクは出入り口近くに設置するなどすれば、無駄は省けるのではないでしょうか。管理職のデスクやコピー機の場所、書類棚の位置等もきちんと考えた上で行わなければなりません。最近はペーパーレスの会社も増えてきていますね。そうした会社ではあまり意識する必要がないかもしれませんが、昔ながらのオフィスでは絶対に必要なこととなります。この点を解決できているかどうかだけでも、大幅に業務効率は変わってくることでしょう。社員が作業をしやすいオフィスにすると、社員の労力が少なくて済むので最高です。

個人用のブースを作ると集中力がアップする

最近のIT業界では、ブース型のレイアウトを採用するケースも多くなってきました。これは、パーティションを区切って個室のようなデスクを作ることであって、個人の空間を意識したレイアウトになります。この方法を採用すると、そのブースにいる社員の集中力が増します。他の社員の動きが目に入らなくなって、完全に自分の世界に没入できるからです。たとえばクリエイティブ系の仕事をする際には、このブース型のレイアウトを採用するだけでも大きく結果が変わってくることでしょう。ただ、オフィスがある程度広くなければできないというデメリットはあります。しかし、IT業界なら集中力こそが物を言う場合が多いので、検討の価値はあります。CGクリエイター等はこのブース型デスクで作業をすることが多いです。

社員のチームワークがアップするレイアウトもある

アイランド型のオフィスレイアウトというものがあります。これは、大きな机を一つ用意して、その周りに社員のデスクを作ってしまう方法です。仕切りをなくせば、社員全員の顔を見ながら仕事が進めていけます。一つのプロジェクトに関わるチームメイトをこのアイランド型のデスクに配置をすれば、常にコミュニケーションを取らせることができるでしょう。わざわざ移動をしなくても、気になることがあればその場で他の社員に聞くことができて便利です。時間の短縮にもなりますし、チームワークも一気にアップすることでしょう。密なコミュニケーションが必要な仕事では大変有効なレイアウトになりますね。他にも余白を上手く使って社員をリラックスさせる工夫をすることも大事ですし、光をどの程度入れるかや、どの程度観葉植物を置くかという点まで考える余地があります。